感想:陽だまりの彼女(ネタバレ有り) - 一夜ひいろの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:陽だまりの彼女(ネタバレ有り)

先日、「陽だまりの彼女」という小説を読みました。下に出してある本ですね。ジャンルとしてはいわゆる恋愛小説です。


陽だまりの彼女 (新潮文庫)陽だまりの彼女 (新潮文庫)
(2011/05/28)
越谷 オサム

商品詳細を見る


ええ、完全に表にの絵に惹かれましたね。あと、この画像には載っていないですが、帯に、「女子が男子に読んでほしい本No.1」という挑戦的なことが書いてあったも、手にとった理由です。

肝心の中身についてですが、物語の前半はもう甘々甘々で、読みながらニヤニヤしまくってやばかったです。
しかし、後半になると、甘々に翳りがでてきた不安になり、最後の最後で、えっ?っていう終わり方をします。
…まあこれじゃああまりわからないですよね。
気になる人はぜひ読んでみてください。…って書くとステマみたいですね(^_^;)

すごくざっくりとした説明しかできませんでしたが、自分にとってこの小説は、すごく好きなお気に入りの小説になりました。
(ちなみに、普段、小説はラノベしか読まない自分にとって、このような普通の小説を心から好と呼べるということは大きな快挙です。)


以下読んだ人向けの感想(ネタバレ有り)なので、読む場合は注意してください。

○まず、エンディングについて。まあ、妻が猫になっちゃって今後どうするよ問題です。これについてはいろいろと言われていますが、自分としては、自由に人に戻れる説を採用して納得することにしました。
でも、これにはちゃんと理由があるんです。だって奴は最後に「二度目だよ」って言っちゃてるんですよ。日本語話せるじゃん。だったら、まあ人に戻れてもおかしくないよねっていう理論です。
あと、記憶を消せるとかそのへんの理論は深く考えないことにしました…。その辺を考えだすと、なぜ真緒はみんなの記憶を消したのか(もしくは、浩介の記憶だけ残せたのか)の解答が見いだせないきがしたので…。

○記憶喪失について。実は記憶喪失のふりをしていただけだと思います。理由は、浩介が拾った猫(おそらく真緒自身)を死んだと決めつけたことと、さっきも引き合いに出した「二度目だよ」というセリフからです。

○読み返しについて。よく読み返すと伏線がよく分かると感想を聞いたので読み返しをしました。そこで、結婚指輪をもらった時の真緒のセリフ、「死んでも離さない」の部分を読んだ時に、ほんとに死んでも離さなかったよこいつ…と泣きそうになってしまいました…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

一夜ひいろ

Author:一夜ひいろ
社会人3年目。IT系の企業に務めています。
ラブライバー提督支配人プロデューサー

趣味
アニメ/漫画/プログラミング/お絵かき/百合/android/エロゲ

リンクは連絡等不要なのでお気軽に

何かありましたら右側カラムにある
「管理者へメールを送る」
という項目からメールフォームに飛べるので、そちらからお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。