サーバ構築-Samba導入編 - 一夜ひいろの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバ構築-Samba導入編

こんばんは。今回はSambaを導入しました。
Sambaを導入することで、Windows上からネットワーク越しにファイルにアクセスできるようになります。
つまり、最終的な目標だったファイルサーバを構築するということが達成できるというわけです。

では早速、Sambaのインストール…をしようとしたのですが、データの入っているパーティションを自動的にマウントする設定にしていなかったことを思い出したので、まずはその設定から始めます。
参考サイト
ハードディスクの増設とfstab記法
[ThinkIT] 第5回:OSSでのバックアップ手法(後編) (1/4)

自動的にマウントするには/etc/fstabを編集します。
フォーマットは、
<マウントするデバイス>(タブ)<マウント先のディレクトリ>(タブ)<ファイルシステム>(タブ)<マウントオプション>(タブ)<dumpするか否か>(タブ)<起動時にfsck実行するか否か/実行順>
です。
自分の場合は
/dev/sda5 /mnt/share ntfs defaults 0 0
としました。
マウント先のディレクトリは予め作っておかなくてはいけません。

それでは、次はお待ちかねSambaのインストールです。
参考サイト
Samba でファイルサーバー構築
Sambaの基本設定

まずはお決まりのapt様にご登場いただきましょう。
apt-get install samba
これでsambaのインストールが完了しました。さすがapt様、超簡単!
では、続いて設定にはいります。
設定は/etc/samba/smb.confに書かれています。
では編集して行きましょう…と思いましたが、参考サイトに載せた「Samba でファイルサーバー構築」の設定そのだったので、割愛します。

さて、これでファイルにアクセスできる…と思いきや、なぜか認証画面がでてきてアクセス出来ません。
サーバにあるユーザでログインしようとしてもうまくいきません。
なぜだろうと思い、調べてみたところ、samba用のユーザが作られていないからではないかという結論に行き着きました。
そこで、smbpassedコマンドを使ってユーザを登録し、認証画面でそのユーザでログインしてみたところ…うまくいきました!
ファイルもバッチリアクセスできます!

と、いうわけで、これでファイルサーバ構築も一段落です。
外部からアクセスできるようにするだとか、RAIDを組んで障害に耐性をもたせるだとかまだまだやろうと思えばできることはありますが、一旦これにてサーバの構築は終了します。
思えば、最初はゴールデンウィーク中に全て仕上げてしまおうという計画だったのに、2ヶ月以上かかってしまいましたね・・・。
もうちょっと計画的にすすめるべきだったかとおもいます。
でも、終わり良ければ全て良しと思うことにします。
最後まで見ていただいてありがとうございました。

追伸
今ファイルをコピーしている途中なのですが、なんか速度がいまいちです。
最初は24MB/sぐらい出ていたのにいまでは2MB/s程度になっています…。どうしてでしょうか…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

一夜ひいろ

Author:一夜ひいろ
社会人3年目。IT系の企業に務めています。
ラブライバー提督支配人プロデューサー

趣味
アニメ/漫画/プログラミング/お絵かき/百合/android/エロゲ

リンクは連絡等不要なのでお気軽に

何かありましたら右側カラムにある
「管理者へメールを送る」
という項目からメールフォームに飛べるので、そちらからお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。