サーバ構築-WOL編 - 一夜ひいろの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバ構築-WOL編

いつのまにか1ヶ月がたっていて驚いています。
今回は、リモートでPCを起動するWOLについてのメモを書いていきたいと思います。

参考にしたサイト
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0135

【WOLされる側の設定】
ethtoolのインストール
$ sudo apt-get install ethtool
このethtoolを使ってWOLの確認・設定をしました。

まずはWOLの確認から。
$sduo ethtool eth0 | grep Wake-on
出力
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g
この結果から、そのままでもWOLが可能であることがわかりました。

【WOLする側の設定】
Windowsからなら適当にソフトウェアを探せば見つかると思います。
Ubuntu(PXEに使ったマシン)ではpowerwakeというソフトウェアを使えばできました。
aptでインストールするだけです。
ただ、なぜかブロードキャストアドレスを正しく設定してやらないとうまく起動してくれませんでした。

そして、最後にルータの外側からの起動を試しました。
その結果、1度は起動に成功したのですが、2回目には起動できませんでした。
多分、IPアドレスとMACアドレスと対応付けているARPテーブルが時間経過で消えてしまったからだと思いいます。
WOL対応ルータを買ったのにおかしいなと思って、ルータの設定を調べてみたら、ルータそのものにPCを起動するためのMagic Packetを送信する機能がついていて、外部から指定したポートにブラウザでアクセスすると、PC起動用のページが見れてそこから操作することでPC起動ができるという仕組みになっていました。(もちろんそのページにアクセスするにはパスワードでの認証があります。)
これを試したところ、うまく言ったので万々歳です。

これで、いちいちサーバPCまで行かなくても起動ができるようになりました。しかし、何故か知りませんが、WOLで起動すると、終了しても1度だけ再起動するという現象が起こります。
今のところは2回シャットダウンするという方法をとってますが、正直面倒です。
暇があったら原因を追求したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス数
プロフィール

一夜ひいろ

Author:一夜ひいろ
社会人3年目。IT系の企業に務めています。
ラブライバー提督支配人プロデューサー

趣味
アニメ/漫画/プログラミング/お絵かき/百合/android/エロゲ

リンクは連絡等不要なのでお気軽に

何かありましたら右側カラムにある
「管理者へメールを送る」
という項目からメールフォームに飛べるので、そちらからお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。